日韓W杯の韓国戦を「やり直したい」 イタリア英雄マルディーニが“不可解判定”を回顧

2002年の日韓W杯で大きな波紋を呼んだバイロン・モレノ主審(中央)【写真:Getty Images】
2002年の日韓W杯で大きな波紋を呼んだバイロン・モレノ主審(中央)【写真:Getty Images】

波紋を呼んだエクアドル人のモレノ主審の不可解すぎるジャッジに言及

 日韓W杯ベスト16のイタリア対韓国では、エクアドル人のバイロン・モレノ主審のジャッジが大きな波紋を呼んだ。イタリア側には厳しすぎるPK判定や、FWフランチェスコ・トッティの退場劇などがあり、延長戦でゴールを決めても不可解なオフサイド判定で取り消された。

 一方、韓国の後頭部への蹴りや足裏を見せたスライディング、肘打ちによりイタリアの選手が頭から流血するなどの事態が起こったが、主審はカードおろかファウルも取らない場面が続出。結果的に劇的な決勝弾を与え、イタリアは大会を後にすることになった。

 ピッチ内でも紳士的な振る舞いを一貫することで知られていたマルディーニ氏も、韓国戦ばかりは鬼の形相で主審に詰め寄り、キャリアのなかで最も許し難い試合として記憶に残っているようだ。

(Football ZONE web編集部)

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング