日韓W杯の韓国戦を「やり直したい」 イタリア英雄マルディーニが“不可解判定”を回顧

元イタリア代表DFマルディーニ氏【写真:Getty Images】
元イタリア代表DFマルディーニ氏【写真:Getty Images】

代表チームの黄金期を支えたマルディーニ氏は06年の招集辞退を告白「運命だった」

 元イタリア代表DFパオロ・マルディーニ氏は、母国が優勝した2006年のドイツ・ワールドカップ(W杯)招集を辞退していた過去を告白。その決断に悔いはないと語る一方で、ベスト16に終わった02年の日韓W杯は「やり直したい」と振り返っている。英紙「ザ・サン」が報じている。

 10歳の時にACミランの下部組織に加入したマルディーニ氏は、1984-85シーズンにプロデビュー。そこから25年間、ミラン一筋でキャリアを全うし、2009年に現役生活に終止符を打った。現在はスポーツ部門の戦略開発ディレクターとしてクラブに復帰している。

 代表でも母国で開催された1990年のイタリアW杯から4大会連続で出場したが、2006年のドイツ大会は招集の打診に断りを入れていたという。

「2006年の代表招集を受けた時、僕は『ノー』と言ったんだ。そして、彼らは優勝した。それは運命だったんだと、僕はそう思っている」

 イタリアが優勝を果たしたドイツW杯の代表辞退には後悔がない意志を示した一方で、逆に2002年の日韓W杯には悔いが残っていることを明かした。

「僕は素晴らしい時間を過ごすことができた。しかし、本当にやり直したい試合は、2002年W杯の韓国戦だ。僕は今まで審判に怒りを覚えたことはなかったが、さすがにあの日ばかりは我慢することは不可能だったね」


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング