ルヴァン杯決勝カード、横浜FMと湘南に決定! 湘南はPK戦に及ぶ死闘を制して初優勝に王手

ルヴァンカップ決勝は「横浜FM vs 湘南」に決定!【写真:荒川祐史 & 湘南ベルマーレ】
ルヴァンカップ決勝は「横浜FM vs 湘南」に決定!【写真:荒川祐史 & 湘南ベルマーレ】

横浜FMは引き分けも2戦合計スコアで勝利、湘南はPK戦に及ぶ死闘の末に初の決勝進出

 ルヴァンカップは14日に準決勝第2戦の2試合が行われ、横浜F・マリノスが鹿島アントラーズ相手に2戦合計4-3、湘南ベルマーレが柏レイソル相手に2戦合計3-3もPK戦を制してそれぞれ勝利。この結果、決勝のカードは「横浜vs湘南」の神奈川ダービーに決まった。

【PR】試合当日に密着したDAZN×名古屋グランパスのドキュメンタリー番組『The Locker Room』配信中!

 横浜FMは敵地での第1戦を2-1と勝利。ホームでの第2戦も前半20分にFWウーゴ・ヴィエイラ、同34分にはFW仲川輝人がゴールを決め、前半だけで2点のリードを奪う。後半に鹿島の猛反撃を食らい、FW土居聖真と途中出場のFWセルジーニョの一撃で2-2の同点に追いつかれたが、2戦合計スコアで上回る横浜FMはなんとか引き分けのまま試合を終え、2戦合計4-3で優勝した2001年以来となる決勝進出を果たした。

 一方の湘南は、敵地での第1戦を1-1のドローで終えて、ホームでの第2戦を迎えた。立ち上がりから果敢にプレッシャーをかけに行き、柏ゴールにアタック。前半28分、左サイドからのクロスは一度相手に阻まれたが、MF石川俊輝がこぼれ球に素早く左足を振り抜き、先制点を奪った。その3分後にはFW山﨑凌吾がプレスで相手GKのミスを誘発し、ボールを奪ってペナルティーエリア内左から左足シュート。しかし、ゴールかと思われた一撃はクロスバーに弾かれ、追加点とはならなかった。

 一度は後半25分に柏のMF大谷秀和に同点弾を決められ、2戦合計スコアも振り出しに。試合は延長戦に突入したが、前半3分にFKをMF梅崎司が後方のDF杉岡大暉へパス。杉岡がゴール前にクロスを上げると、DF坂圭祐が合わせて勝ち越し点。延長後半8分に再び追いつかれて試合はPK戦に突入した。3人目の梅崎が失敗したなか、柏も4人目のFW江坂任がバー直撃で失敗。サドンデスの末、6人目でFW高山薫が決めたのに対し、柏は山崎が外して湘南が準決勝を勝ち抜いた。

 横浜FMは前身のナビスコカップ時代の2001年に大会を制覇。ルヴァンカップに名称変更後は初の決勝進出で、17年ぶりの優勝を目指す。一方の湘南は、1996年にベスト4に入ったのが最高で、今回が初の決勝。初タイトルを懸けて横浜FMに挑む。

 決勝は10月27日、埼玉スタジアム2002で13時5分キックオフ予定となっている。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング