サイドチェンジのお手本! 美しすぎるパスの軌道に称賛の嵐「完璧」「誘導ミサイル」

モロッコ代表MFハキム・ツィエク【写真:Getty Images】
モロッコ代表MFハキム・ツィエク【写真:Getty Images】

アヤックスの左利きMFツィエクのワンプレーが溜め息を誘う

 サッカーにおいて局面を一変させる「サイドチェンジ」は、相手守備陣を攻略するうえで重要な一手となる。ボールサイドに敵味方が集中するなか、一気に広大なスペースへ展開。このピッチの横幅をいっぱいに使ったロングパスを成功させるには、正確で強いキックを蹴れる技術はもちろんのこと、受け手との阿吽の呼吸も求められる。そんな爽快なワンプレーがUEFAチャンピオンズリーグ(CL)の一戦で見られたと、大会公式インスタグラムが動画付きで紹介。公開から約1日で再生回数が360万回を超えるなど反響を呼んでいる。

 必見のワンプレーが生まれたのは、現地時間2日に行われたCLグループステージ第2節のバイエルン対アヤックス戦だ。前半4分にホームのバイエルンが、ドイツ代表DFマッツ・フンメルスのゴールで先制するも、同22分にモロッコ代表MFヌサイル・マズラウィが同点ゴールを決め、そのまま1-1で終了。アヤックスがドイツ王者から敵地で貴重な勝ち点1を奪う結果となったなか、同点弾を決めたマズラウィと同じモロッコ代表のMFハキム・ツィエクが魅せた。

 ハーフウェーラインの右サイドでボールを受けた左利きのツィエクは、ルックアップすると短い助走から左足を振り抜く。逆サイド前方に広がるスペースへと蹴り出された矢のような弾道のパスは、美しい軌道を描いてフリーでスペースへと走り込んだアルゼンチン代表DFニコラス・タグリアフィコの足もとにピタリ。ピッチレベルでツィエクの背中越しに撮影された映像だったこともあり、まさにサイドチェンジのお手本と言えるようなシーンとなった。

 この動画が公開されると、約1日で360万再生を突破。多くのファンがモロッコ代表レフティーの高精度パスに魅了されたようで、コメント欄には「なんてコントロールだ」「ロベルト・カルロスと同じくらいエクセレント」「完璧」「高品質のモンスター」「誘導ミサイル」「ハイレベル」などの賛辞が並んだ。

 今夏のロシア・ワールドカップにも出場したツィエクは、今後もその左足で華麗なプレーを見せてくれそうだ。


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング