キーワードは「距離感」 新エース候補・南野拓実がゴール&アシストに“こだわり宣言”

日本代表MF南野【写真:Football ZONE web】
日本代表MF南野【写真:Football ZONE web】

サイドでは原口や乾、トップ下には香川がロシアW杯出場組としているが…

 森保一監督率いる日本代表は、8日から新潟市内に集合し、12日のキリンチャレンジカップ・パナマ戦(デンカビッグスワンスタジアム/19時35分)、16日の同ウルグアイ戦(埼玉スタジアム2002/19時35分)に向けて調整を進めている。合宿3日目の10日は初めての冒頭15分のみの公開となったが、9月のコスタリカ戦に続いての招集となったMF南野拓実(ザルツブルク)は、「距離感」をテーマにしているという。

 南野は9月のコスタリカ戦(3-0)で2015年11月のロシア・ワールドカップアジア2次予選カンボジア戦(2-0)以来約3年ぶりに代表復帰。自身A代表3試合目となる森保ジャパン初陣で代表初得点をマークした。所属クラブのザルツブルクに戻った後も、同23日のリーグ第8節ラピード・ウィーン戦(2-1)、26日のオーストリアカップ2回戦シュヴァーツ戦(6-0)と連続ゴールを奪っている。

 前回は2トップの一角に入りつつ、FW小林悠(川崎フロンターレ)と縦関係を築いて実質的にトップ下のような動きを見せる場面もあり、試合終盤にはサイドでもプレーした。ロシア・ワールドカップ出場組にはサイドであればMF原口元気(ハノーファー)や乾貴士(ベティス)、トップ下ではMF香川真司(ドルトムント)がいる。ザルツブルクでもFW、サイドハーフ、ウイング、トップ下と攻撃的なポジションを全て経験しているが、コスタリカ戦後に「真ん中でやっていた時のほうが良かった」と手ごたえを語ったように、中央でのプレーが感覚的によりフィットするようだ。

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング