「頼む」「電話に出て」 バイエルン4戦未勝利、名将再登板ネタでファンが大喜利合戦

昨季もシーズン途中からバイエルンを指揮したハインケス氏だが…【写真:Getty Images】
昨季もシーズン途中からバイエルンを指揮したハインケス氏だが…【写真:Getty Images】

昨季と同じ状況を受け、かつて三冠達成の指揮官ハインケス再登板のジョークが飛び交う

 バイエルン・ミュンヘンは、現地時間6日に行われたブンデスリーガ第7節でボルシアMGと対戦し、0-3で完敗を喫した。ここ4戦未勝利で“危機的状況”に立たされている王者を巡り、ネット上では早くもユップ・ハインケス氏の再招聘に向けたジョークが飛び交っている。

 バイエルンはブンデスリーガ第5節でアウクスブルクに1-1で引き分けると、第6節のヘルタ・ベルリン戦を0-2で落とした。続くUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第2節のアヤックス戦も1-1と引き分け。そして今回のボルシアMG戦では、まさかの大量失点で公式戦2敗目を喫した。

 突然の失速と、この時期の“0-3での完敗”で、思い浮かぶのは約1年前の出来事だ。当時のバイエルンは、ブンデスリーガ第3節でホッフェンハイムに敗れ、第6節のヴォルフスルクに2-2で引き分ける。そして、直後の9月27日のCLグループステージ第2節でパリ・サンジェルマン(PSG)に0-3で敗れて公式戦2敗目を喫すると、クラブはその翌日、カルロ・アンチェロッティ監督を電撃解任した。

 バイエルンはその後、2012-13シーズンにチームを率いてCL、DFBポカール、ブンデスリーガの三冠を果たしたハインケス氏に白羽の矢を立てた。すでに引退していた同氏を引っ張り出すことに成功すると、チームの調子は上向き始め、最終的にはブンデスリーガ優勝を飾っている。


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング