バルサMFの“ロケットボレー”に称賛止まず CL第2節ベスト弾受賞「魔法のゴール」

圧巻ボレー弾を決めたラキティッチ【写真:Getty Images】
圧巻ボレー弾を決めたラキティッチ【写真:Getty Images】

バルサ公式インスタグラムがラキティッチのゴール動画を投稿し祝福

 バルセロナは現地時間3日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第2節トットナム戦に4-2で快勝し、2連勝でグループB首位をキープした。最大のライバルと目された難敵を敵地ウェンブリーで撃破した一戦は、ベスト16進出に大きく前進する1勝となったが、その試合で生まれたクロアチア代表MFイバン・ラキティッチのボレー弾がUEFA選定の「CL第2節ベストゴール」に選出されるなど、称賛の声が広がっている。

【PR】今なら初月無料登録実施中のDAZNが、今季からCL・ELも放送することご存知ですか?

 華麗なゴールが生まれたのは、1-0とリードして迎えた前半28分だった。左サイドからFWリオネル・メッシが左足で上げたクロスを、ゴール前でFWルイス・スアレスが胸で落とし、走り込んだMFフィリペ・コウチーニョが右足ボレーでゴールを狙う。だがこの一撃はヒットせず、一回転したコウチーニョはゴールラインのギリギリのところでジャンプし、右足インサイドで浮き球のパスを中央に折り返した。ここに後方から走り込んだラキティッチが、ペナルティーエリア手前で右足ボレー。ボールのバウンドに合わせ、身体を上手く折りたたみながらインステップでヒットした一撃は、フランス代表GKウーゴ・ロリスの手が届かないゴール左隅に突き刺さり、バルサにとって貴重な追加点が生まれた。

 ラキティッチ本人も「僕のキャリアで最も美しいゴールのうちの一つ」と振り返ったファインゴールは、FWネイマール(パリ・サンジェルマン)やFWパウロ・ディバラ(ユベントス)らのゴラッソを抑えて、見事にUEFA選定の「CL第2節ベストゴール」に選出。これを受けてバルサは、公式インスタグラムにラキティッチのゴール動画を、「ロケット」のコメントとともに投稿し讃えている。

 この動画は公開1日で、再生回数490万回を突破。コメント欄には「クレイジーゴールだ」「魔法のゴール」「ゴラッソ」「プスカシュ賞」「エクセレント」などラキティッチのスーパーゴールを称賛する声のほか、「なんてアシストだ」「今節のベストアシストでもあるね」と華麗な身のこなしからゴールを演出したコウチーニョを讃えるコメントも届いていた。

 トットナム戦前のリーガ・エスパニョーラで3戦未勝利(2分1敗)と不振に喘いでいたバルサだが、ラキティッチのゴラッソを含む4ゴールで再び上昇気流に乗りそうだ。


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング