「彼の周りには地獄がある」 C・ロナウド、今季4点目で現地高評価「最強の存在」

リーグ戦4ゴール目をマークしたユベントスFWロナウド【写真:Getty Images】
リーグ戦4ゴール目をマークしたユベントスFWロナウド【写真:Getty Images】

ウディネーゼ戦フル出場で1ゴールのロナウド、相手にとって脅威となり続けた点を評価

 ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、現地時間6日の敵地ウディネーゼ戦にフル出場。勝利を決定づけるチームの2点目を奪った。2-0と完勝を収めたなか、採点を公開したイタリアメディアはロナウドについて「彼の周りには地獄がある」と称し、いかに脅威の存在だったかを伝えた。

 3トップの一角でスタメン出場したロナウドは、ウルグアイ代表MFロドリゴ・ベンタンクールの先制点でリードを奪った後の同37分、ペナルティーエリア内の左サイドでボールをキープしたクロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチのバックパスに走り込むと、左足ダイレクトで強烈なシュートを決め、リーグ3試合ぶりのゴールで通算4ゴールとした。

 イタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」は、ロナウドを「7点」と高評価し、「彼のスタイルはシュート。2-0のゴールは典型的な例だ。相手を打ち破り続ける。ピッチに立てば他のことは何も考えない。ピッチ上で最強の存在であり続けた」と評した。最高点は1点目をアシストしたDFジョアン・カンセロに「8点」を与えていた。

 また、イタリアのサッカー専門サイト「トゥットメルカートウェブ・コム」は、ロナウドをチーム最高の「7.5点」とし、相手から見て脅威の存在と称えた。

「彼の周りには地獄がある。あえて孤立する状況から突破に持ち込むこともあった。彼のゴールが試合を終わらせたという意味で、価値が大きかった。絶妙のアシストになり得るパスもあった」


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング