CL決勝の悪夢再び GKカリウスの“空振り失点”が反響拡大「わざと」「何かやらかす」

ベジクタシュGKカリウス(写真はプレシーズンのもの)【写真:Getty Images】
ベジクタシュGKカリウス(写真はプレシーズンのもの)【写真:Getty Images】

ELマルメ戦で味方に当たったボールを防げず… まさかのプレーにファンから酷評殺到

 トルコ1部ベジクタシュのドイツ人GKロリス・カリウスは、またもや人々の厳しい目に晒されている。現地時間4日に行われたUEFAヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第2節マルメ(0-2)戦で、味方DFに当たって逸れたボールを防げずに失点。昨季UEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝での凡ミスで貼られたネガティブなレッテルもあって、海外ファンからも「わざとやっているように見える」「もうフットボールを止めたほうがいい」「もはやイップス」と酷評が殺到している。

 カリウスはリバプールに所属した昨季、レアル・マドリードと対戦したCL決勝で失点につながるミスを二度犯した。キャッチしたボールをアンダースローで味方につなごうとしたところを、目の前にいたレアルの元フランス代表FWカリム・ベンゼマにカットされて失点すると、ウェールズ代表FWギャレス・ベイルの正面に飛んできたミドルシュートも後逸してゴールを許し、1-3敗戦の戦犯となった。

 プレシーズンでもミスを犯し、その後トルコのベジクタシュと2年間のレンタル移籍が成立。ELでは開幕節のサルプスボルグ戦(3-1)に続いてマルメ戦で2試合連続のスタメン出場を果たした。

 0-0で迎えた後半8分、ベジクタシュはマルメに左サイドを攻め込まれ、ノルウェー人DFアンドレアス・ヴィンドヘイムにクロスを上げられる。ボールは目の前にいた左SBのトルコ代表DFジャネル・エルキンに当たってコースが変わり、そのままベジクタシュゴールへ。ニアサイドに構えていたカリウスは飛んでくるハイボールに対して右腕を伸ばすも、まさかの空振りでそのままオウンゴールとなってしまった。


page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング