CL初戦で退場処分のC・ロナウド ユベントス監督が“完全休養”を与えたと明言

C・ロナウド(左)に、アッレグリ監督(右)から“完全休養”が与えられた模様だ【写真:Getty Images】
C・ロナウド(左)に、アッレグリ監督(右)から“完全休養”が与えられた模様だ【写真:Getty Images】

リーグ戦ではここまで全試合フル出場

 ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに、指揮官から“完全休養”が与えられたという。1日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)第2節、本拠地ヤングボーイズ戦の前日記者会見をイタリア衛星放送局「スカイ・スポーツ」がレポートしている。

 ロナウドはCL開幕節の敵地バレンシア戦(2-0)で先発出場も、前半29分に退場処分となった。自身のCLキャリア154試合目で初のレッドカードには、判定に対する異論も噴出して世界的な議論を巻き起こした。後に来季からの導入が発表されたビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)がCLで使用されていないことにも、大きな批判が集まるほどだった。

 結局、ロナウドはこのヤングボーイズ戦1試合の出場停止が決まった。マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、現地時間2日のゲームについてロナウドに全ての帯同を免除したという。試合前の時間帯に行われるメンバー外の選手とのトレーニングも、試合をスタジアムで観戦することも免除し、自宅での休養を与えたことを明かしたとした。

 ロナウドはここまで開幕7連勝のリーグ戦で全試合フル出場。9月は代表活動を辞退したが、来週のインターナショナル・マッチウィークにはポルトガル代表に復帰することが確実となっているだけに、そうした日程を見越して休養を与える決断を下したという。

 ユベントスは10人となった後に2点を奪ってバレンシアを下し、CLの白星スタートを飾っている。第3節と第4節にはロナウドの古巣となるマンチェスター・ユナイテッドとの連戦が待っているが、それを前にロナウドは英気を養う時間を与えられた模様だ。


(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング