ドルトムントMFゲッツェ、不振も揺るがぬ自信を告白「自分に対する信頼は常にある」 

ドルトムントMFゲッツェ【写真:Getty Images】
ドルトムントMFゲッツェ【写真:Getty Images】

リーグ戦で出番がないなか、CL初戦でトップ下として先発も目立った活躍はなし

 ドルトムントのドイツ代表MFマリオ・ゲッツェは、現地時間18日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループリーグ初戦のクラブ・ブルージュ戦(1-0)に先発するも結果を残せなかった。代わって途中出場した日本代表MF香川真司が攻撃にアクセントをつけるプレーを見せたなか、身長176センチのゲームメーカーは、自分に対する信頼は常にあると語っている。ドイツ紙「シュポルト・ビルト」が伝えた。

【PR】今なら初月無料登録実施中のDAZNが、今季からCL・ELも放送することご存知ですか?

 ブンデスリーガでは開幕から3試合連続でベンチを温めていたゲッツェだが、この日は4-2-3-1システムのトップ下で先発出場。しかし、目立った活躍はなく、後半17分に香川との交代でピッチを後にした。

 ドルトムントは香川が入ってチームが活性化。得点にはならなかったものの、香川の浮き球パスからポーランド代表DFウカシュ・ピシュチェクが絶好機を手にするシーンも見られた。最終的には後半40分にアメリカ代表MFクリスティアン・プリシッチがゴールを挙げて、ドルトムントが勝利を飾っている。

 ゲッツェは試合後、「もちろん自分が最高のプレーをしたとは言えない」と認めたうえで、今後の先発起用を見据えた。


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング