C・ロナウド一発退場の決め手は「髪の毛」 英メディアが追加副審の“進言”を解析

CL初戦バレンシア戦でまさかの一発退場となったロナウド【写真:AP】
CL初戦バレンシア戦でまさかの一発退場となったロナウド【写真:AP】

前半29分にロナウドとムリージョが交錯 主審が追加副審に助言を求めると…

 ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、現地時間19日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージの開幕戦、敵地バレンシア戦(2-0)の前半29分に退場処分となった。衛星放送「スカイ・スポーツ」は、コロンビア代表DFジェイソン・ムリージョと小競り合いを起こした該当シーンで、追加副審が「髪の毛」という単語を主審に伝えていると報じた。

【PR】今なら初月無料登録実施中のDAZNが、今季からCL・ELも放送することご存知ですか?

 ロナウドに衝撃の事態が起こったのは0-0で迎えた前半29分だった。ユベントスが左サイドから攻撃に出た際、ゴール前に入ろうとするロナウドとムリージョが交錯。オーバーアクション気味に倒れたムリージョにロナウドが怒りを露わにし、倒れ込んだムリージョの頭をつかむようなアクションを見せた。ムリージョも激高し、両チームの選手たちがもつれる小競り合いに発展。フェリックス・ブリッヒ主審はゴール前を見ていた追加副審に助言を求めて状況を確認すると、ロナウドにレッドカードを提示した。

「スカイ・スポーツ」は、ドイツ人の審判団で固められたセットが協議している際の映像を分析。それによると、この時の進言で「髪の毛」という単語がブリッヒ主審に伝えられており、レッドカードの決断はロナウドがムリージョの髪の毛を引っ張ったことによるものだとした。

 一方で、スタジオの解説者たちは一斉に「厳しすぎる判定」という意見を出しているという。ロナウドは少なくともグループステージ第2戦のヤングボーイズ(スイス)戦には出場停止になると見られるが、一発退場だけに出場停止が第3節、第4節に予定されている古巣マンチェスター・ユナイテッド戦にも及ぶ可能性がある。

 チームは2-0で勝利を収めた開幕戦だったが、審判団の判断はロナウドにとってかなり厳しいものになってしまったようだ。


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング