ユベントス、CL白星発進も波乱 C・ロナウドが一発レッドで154試合目にして初退場

一発退場を命じられたC・ロナウド【写真:Getty Images】
一発退場を命じられたC・ロナウド【写真:Getty Images】

前半29分、ロナウドが交錯したムリージョと小競り合いに発展して一発退場

 イタリア王者ユベントスは現地時間19日にUEFAチャンピオンズリーグ(CL)の開幕戦で、敵地バレンシア戦を2-0で制した。しかし、試合は前半29分にポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがまさかの一発退場となる波乱の展開だった。

【PR】今なら初月無料登録実施中のDAZNが、今季からCL・ELも放送することご存知ですか?

 ユベントスは試合開始から5分ほどはホームのバレンシアに押し込まれたが、すぐにリズムを奪い返した。左サイドからの攻撃が機能し、ファーサイドへのクロスの折り返しという形で元クリアチア代表FWマリオ・マンジュキッチとドイツ代表MFサミ・ケディラが決定機を迎えたが、いずれもシュートミス。そうした流れで進んでいた試合の前半29分に事件は起きた。

 ユベントスが左サイドから攻撃に出た際、ゴール前に入ろうとするロナウドとコロンビア代表DFジェイソン・ムリージョが交錯。オーバーアクション気味に倒れたムリージョにロナウドが怒りを露わにし、倒れ込んだムリージョの頭をつかむようなアクションを見せた。ムリージョも激高し、両チームの選手たちがもつれる小競り合いに発展。フェリックス・ブリッヒ主審はゴール前を見ていた追加副審に助言を求めて状況を確認すると、ロナウドにレッドカードを提示した。

 ロナウドはこれがCL154試合目の出場にして初の退場処分。納得のいかない泣き出しそうな表情でロナウドはピッチを去った。


page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング