ドルトムントがフランクフルト撃破で暫定首位 香川は3戦連続メンバー外、長谷部も欠場

ドルトムントは新加入アルカセルのゴールなどで3-1と勝利【写真:Getty Images】
ドルトムントは新加入アルカセルのゴールなどで3-1と勝利【写真:Getty Images】

日本人対決はお預けのなか、新加入アルカセルのゴールなどで3-1と勝利

 ブンデスリーガ第3節が現地時間14日に行なわれ、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントがホームでMF長谷部誠所属のフランクフルトと対戦した。新加入のスペイン代表FWパコ・アルカセルの初ゴールなどで3-1と快勝した。香川は招集外、ベンチスタートの長谷部にも出場機会はなかった。

 序盤はお互いに攻め手がないまま時間が流れたが、前半36分にドルトムントが均衡を破った。

 代表ウィーク中の練習試合で4得点して先発に抜擢された19歳のデンマーク人MFヤコブ・ブルーン=ラーセンの左コーナーキックから中央でフランス人DFアブドゥ・ディアロが合わせた。ヘディングでのシュートは一度防がれるも、リバウンドを左足で押し込んだ。

 試合は後半20分を過ぎたあたりから、一気に激しさを増した。フランクフルトはフランス人FWセバスティアン・アレのボレーシュートで後半23分に同点に追いついた。

 しかし、そのわずか4分後、ドルトムントは途中出場の18歳FWジェイドン・サンチョが右サイドを駆け上がり、左足に持ち替えてクロスを供給。ファーサイドへ走り込んだMFマリウス・ヴォルフがワントラップから右足の強烈なシュートでゴールネットを揺らした。

 後半43分にはバルセロナから加入のFWパコが左足のミドルシュートでダメ押し。スペイン代表ストライカーは移籍後初出場で初ゴールをゲットし、勝利に華を添える結果となった。

 3-1で勝利したドルトムントは2勝1分で暫定首位に浮上。日本代表MF香川は開幕3試合連続でメンバー外と、依然として苦しい状況が続いている。長谷部に出番の訪れなかったフランクフルトは2連敗となった。

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング