中村俊輔、“FKキッカー”任命秘話 セルティック元同僚が語る「10本中10得点」の衝撃

かつて名門セルティックでプレーした中村俊輔【写真:Getty Images】
かつて名門セルティックでプレーした中村俊輔【写真:Getty Images】

元同僚ペトロフが明かす、加入数日後に行われた3選手による“FKコンテスト”

 ジュビロ磐田の元日本代表MF中村俊輔は、名門セルティックのレジェンドとしてスコットランでも依然として絶大な人気を誇っている。特に人々の脳裏に深く刻まれているのが、“黄金の左足”から放たれる高精度FKだが、英紙「スコティッシュ・サン」は「セルティックの英雄ナカムラが衝撃的な10本中10得点のFKコンテストで、ペトロフとマクギーディを唖然とさせた」との見出しで、中村がセルティックのFKキッカーとなった経緯について、元同僚が振り返ったと伝えている。

【PR】試合当日に密着したDAZN×名古屋グランパスのドキュメンタリー番組『The Locker Room』配信中!

 中村は2005年にレッジーナからセルティックに移籍。リーグ優勝3回、リーグカップ優勝2回、スコティッシュカップ優勝を1回達成し、2006-07シーズンにはリーグ年間MVPに年間ベストイレブン、年間ベストゴール賞を受賞した。

 セルティックで公式戦166試合34ゴールを決めた中村だが、そのなかでもファンの記憶に深く刻み込まれているのが、直接FKによるゴールだ。2006-07シーズンのUEFAチャンピオンズリーグで、マンチェスター・ユナイテッドを相手に2試合連続で決めたFK弾は、もはや伝説となっている。

 記事では、かつて共闘した元ブルガリア代表MFスティリアン・ペトロフが、スコットランドのサッカー専門サイト「Open Goal」のインタビューで、“FKキッカー”中村の誕生秘話について語ったことを伝えており、ペトロフは中村がプレースキッカーを託される瞬間に立ち会ったことを明かしている。

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング