「怒りに任せた決断だった」 ユーベ復帰のボヌッチ、昨夏ミラン電撃移籍の真相語る

ガットゥーゾ監督の下でのプレーは「重要なことだった」

 ミランは昨季、開幕から低調で11月にはクラブOBの元イタリア代表MFジェンナーロ・ガットゥーゾ監督の下で再出発する形になった。ボヌッチは「彼(ガットゥーゾ)に指導を受けたことは重要なことだった」とした一方で、「全体的に見れば、ミランのプロジェクトが失敗だったのは全ての人の目にさらされただろう」と、ミランを退団する決意につながったことも明かしている。

 ボヌッチはユベントスが昨年冬にアタランタから保有権を獲得した24歳のDFマッティア・カルダラとトレードの形でユベントスに復帰する。怒りに任せた感情的な移籍を取り戻すためには、プレーで応える必要があると言えそうだ。

(FOOTBALL ZONE編集部)



page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング