「怒りに任せた決断だった」 ユーベ復帰のボヌッチ、昨夏ミラン電撃移籍の真相語る

わずか1年でACミランを退団し、古巣のユベントスに出戻り移籍をすることになったボヌッチ【写真:Getty Images】
わずか1年でACミランを退団し、古巣のユベントスに出戻り移籍をすることになったボヌッチ【写真:Getty Images】

1年前のミラン行きは“失敗”と認めたボヌッチ 「その時の感情がそうさせた」

 今夏の移籍市場において、わずか1年でACミランを退団して古巣のユベントスに出戻り移籍をすることになったイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチは、昨夏の決断が「怒りに任せたものだった」ことを明かした。ユベントスの入団会見の模様をイタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」が報じている。

【PR】今なら初月無料登録実施中のDAZNが、来季からCL・ELも放送することご存知ですか?

 ボヌッチはユベントスでプレーしていた昨年2月に、マッシミリアーノ・アッレグリ監督と采配を巡って対立したことが伝えられた。そうしたなか夏の移籍市場ではあっさりとミラン行きが発表されたが、当時のことをボヌッチはこう語っている。

「1年前にミランへ行ったのは、その時の感情がそうさせたものだった。しかし、怒りに任せた決断というのは正しくなかった。ミランは私についてイタリア国外とのクラブも交渉するチャンネルを持っていたが、いろいろな関係者のおかげで私は家に帰ることができたようなものだ」

 子供の頃からユベントスのファンで、出場停止になった試合ではゴール裏で一緒に応援していたこともあるとされるボヌッチは、1年前の決断が感情的なものであり失敗だったと認めた。そして、ユベントスへの再加入を「帰宅」と表現した。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング