大迫勇也の“キャプ翼影響”に独紙注目 「大空翼がいなければ彼はブレーメンにいない」

今季からブレーメンでプレーする大迫【写真:Getty Images】
今季からブレーメンでプレーする大迫【写真:Getty Images】

大迫がキャプテン翼の主人公・大空翼に憧れてサッカーを始めたことを紹介

 今夏にケルンからブレーメンに移籍した日本代表FW大迫勇也は、ロシア・ワールドカップ(W杯)の活躍もあり、新シーズンの活躍に期待が高まっている。そんななか、地元ドイツメディアが日本人ストライカーを特集。世界的人気アニメ「キャプテン翼」がサッカーを始めたきっかけだったことを紹介している。

「もし日本の漫画家ヨウイチ・タカハシが漫画キャラクターのツバサ・オオゾラを考案していなかったら、おそらく彼がブレーメンに加入していることはなかっただろう」

 こう見出しを打って取り上げたのは、ブレーメンの地元紙「ヴェルダー・クリエル」だった。

 記事では、「僕が幼かった頃、ツバサがロールモデルだった」という大迫のコメントを紹介しつつ、大空翼の熱狂的なファンであったことに言及。また、「キャプテン翼がフットボールブームを告げた」と、同アニメが日本サッカーに与えた影響についても触れている。

「タカハシは日本がW杯で優勝争いを演じることを夢見てツバサ・オオゾラをデザインした。1981年に漫画が発行されると、83年にはアニメが放送。瞬く間に大成功を収め、何百万人の子供たちが毎週キャプテン翼を見て、ボールを蹴るためにサッカー場へ向かった。1998年には、キャプテン翼を見て育った世代が初めてのW杯出場権を手にした」

 1998年に初出場したフランスW杯から6大会連続で世界の舞台に立ち、ロシアW杯では大空翼に憧れた大迫がグループリーグ初戦のコロンビア戦(2-1)で決勝ゴールを挙げてその名を日本のサッカー史に刻んだ。

 キャプテン翼を介した“日本サッカーの伝統”は、脈々と新たな世代に受け継がれているようだ。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング