イグアインが移籍の真相を告白 ミラン選択の理由は「誰もが僕を欲しがってくれた」

ユベントスからACミランへの期限付き移籍が決まったイグアイン【写真:Getty Images】
ユベントスからACミランへの期限付き移籍が決まったイグアイン【写真:Getty Images】

ナポリ時代の恩師サッリが獲得熱望も「彼はチェルシーで僕を欲しがった唯一の人物」

 アルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインは、ユベントスからACミランへの期限付き移籍が決まった。30歳のストライカーは、チェルシーのマウリツィオ・サッリ新監督がプレミアリーグで唯一自分の獲得を熱望していたことを明かしたうえで、ミランの新スポーツディレクター(SD)である元ブラジル代表FWレオナルドの存在が移籍を決断させたと告白した。米スポーツ専門テレビ局「ESPN」が報じている。

【PR】今なら初月無料登録実施中のDAZNが、来季からCL・ELも放送することご存知ですか?

 ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがレアル・マドリードからユベントスに加入した影響もあり、他チームへの移籍が噂されたイグアイン。2015-16シーズンにナポリで共闘したチェルシーのサッリ新監督が獲得を熱望していたと伝えられていた。

 しかし、イグアインはミランへの移籍を決意。サッリ監督からの思いを知った上で、決断に至った理由を明かしている。

「僕はサッリ監督を大いに尊敬しているが、彼はチェルシーで僕を欲しがった唯一の人物だった。一方で、このミランは誰もが僕を欲しがってくれた。ミランを選んだ理由は、刺激やクラブに基づく信念に共感したんだ」

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング