名門スポルティング、騒動の余波継続中 ポルトガル代表GK移籍で70億円の保証金要求

スポルティングがパトリシオの移籍について、71億円の補償金を要求していることが分かった【写真:Getty Images】
スポルティングがパトリシオの移籍について、71億円の補償金を要求していることが分かった【写真:Getty Images】

契約を解除してウォルバーハンプトンにゼロ円移籍したGKパトリシオの処遇でひと悶着

 ポルトガルの名門スポルティングは、前会長と選手の衝突や練習場へのファン襲撃事件などの余波で最大9選手が契約解除となる異常事態を迎えている。今度は移籍金ゼロでプレミアリーグのウォルバーハンプトンへ移籍したポルトガル代表GKルイ・パトリシオの移籍について、71億円の補償金を要求していることが分かった。英公共放送「BBC」などが報じた。

【PR】今なら初月無料登録実施中のDAZNが、来季からCL・ELも放送することご存知ですか?

 クラブ崩壊の引き金となったのは今年4月。UEFAヨーロッパリーグ(EL)のアトレチコ・マドリード戦で敗れたチームをブルーノ・デ・カルバーリョ前会長が公に批判。これに不満を持った選手19人がSNSを通じて抗議すると、前会長はその選手たちに出場停止処分を下すなど関係が泥沼化した。

 5月には、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得を逃したチームに対して激怒したファン約50人が練習場へ乗り込んで選手を襲撃。トラブルの重なった状況に、守護神パオリシオやポルトガル代表MFウィリアン・カルバーリョら主力9選手が契約解除を申し出た。その後、デ・カルバーリョ前会長はクラブ会員の投票によって会長の職を追われた。

 そして、6月には新指揮官として招聘されたシニシャ・ミハイロビッチ監督が前会長の退任の影響を受けて、わずか9日で解任となった。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング