C・ロナウドは「肘打ちしていた」 VAR判定での“退場回避”にイラン監督怒り

イラン代表を率いるカルロス・ケイロス監督は、C・ロナウドの肘打ちがレッドカードの対象にならなかったことに怒りを示している【写真:Getty Images】
イラン代表を率いるカルロス・ケイロス監督は、C・ロナウドの肘打ちがレッドカードの対象にならなかったことに怒りを示している【写真:Getty Images】

ポルトガル対イランの後半35分に小競り合い 警告止まりに場内ブーイング

 イラン代表を率いるカルロス・ケイロス監督は、現地時間25日のロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ第3戦のポルトガル戦で相手FWクリスティアーノ・ロナウドの肘打ちがレッドカードの対象にならなかったことに怒りを示している。英衛星放送「スカイ・スポーツ」がコメントを報じた。

 問題の場面が起きたのは、1-0とポルトガルが1点をリードして迎えた後半35分だった。イランは右サイドからスローインを一度GKへバックパス。ここにプレッシャーをかけようと動き出したロナウドは、イラン代表DFモルテザ・プーラリガンジともつれ合い、その際に右手を使って相手をなぎ倒す格好となった。リプレーで見るとロナウドの右肘が顔面にヒットしていた。

 このプレーにスタジアムも騒然。プレーは続けられたが、主審は顔を押さえて倒れているプーラリガンジの状態を気遣い試合をストップ。その後、VARでの映像確認を行った。

 その結果、ロナウドにはイエローカードが提示される結果となったが、イラン選手は抗議し、スタンドからも大きなブーイングが鳴り響いた。

 試合はその後、イランがVAR判定で獲得したPKを決めて同点となり1-1で決着。しかし、決勝トーナメント進出のためには勝利が絶対条件だったイランは、グループB3位で敗退となった。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング