本田圭佑がゴールを求める理由 サッカー人生で2度目の「非現実的」な挫折とは?

本田が元MLBジーター氏の運営するサイトで自らのサッカー人生を熱弁した【写真:Getty Images】
本田が元MLBジーター氏の運営するサイトで自らのサッカー人生を熱弁した【写真:Getty Images】

元MLBジーター氏の運営するサイトでサッカー人生を熱弁 「でかい目標だけ言ってきた」

 日本代表MF本田圭佑(パチューカ)が、元MLBヤンキースの内野手デレク・ジーター氏が運営する米ウェブサイト「プレイヤーズ・トリビューン」のインタビューに応じ、自らのサッカー人生について熱く語った。そのなかで、オランダのVVVフェンロ時代に経験した2部降格を「非現実的な感覚」だったと振り返っている。

【PR】J.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 2005年に石川県の星稜高からJ1名古屋グランパスへと加入し、プロキャリアをスタート。08年1月に念願叶って海を渡り、当時オランダ1部のVVVフェンロへと移籍した。

 しかし、そこで待っていたのは、チームの2部降格という受け入れ難い現実だった。本田は当時を振り返り、次のように語っている。

「(VVVへ)1月に移籍したんですけど、1月から6月はヨーロッパのリーグだと後期なんですよね。そこで降格したんですよ、いわゆる2部に。僕は、ずっと小学校の頃からでかい目標だけ言っていて、いずれヨーロッパのビッグクラブでプレーするんだ、W杯で優勝するんだと言っていた。まさかヨーロッパに渡ってから半年で降格すると思ってなかった。本当にショックでした。でも、チャンスは一つあったんですよ…」

 その年の夏には、北京オリンピックが控えていた。本田はその大舞台を「僕にとっての一つの就活」の場と位置づけて臨んだという。だが、日本はグループリーグで3戦全敗。本田は自身初の世界大会で爪痕を残すことができなかった。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング