日本戦退場のコロンビアMFにSNS上で脅迫 地元警察が特別犯罪対策チームを立ち上げ

日本戦退場のコロンビア代表MFダビンソン・サンチェスに、SNS上で誹謗中傷のコメントを投稿するユーザーが現れている【写真:Getty Images】
日本戦退場のコロンビア代表MFダビンソン・サンチェスに、SNS上で誹謗中傷のコメントを投稿するユーザーが現れている【写真:Getty Images】

W杯初戦の開始3分で悪夢のサンチェス、警察が身の危険を案じる

 コロンビア代表MFカルロス・サンチェスは、日本と対戦したロシア・ワールドカップ(W杯)初戦の試合開始3分にペナルティーエリア内でハンドの反則を犯し、PKを献上。さらに一発退場処分となった。チームも1-2で敗れ、悪夢を味わったサンチェスの身を案じたコロンビア地元警察は、特別犯罪対策チームを立ち上げることになったという。英紙「ガーディアン」が報じた。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 まるで予想外の展開だった。試合開始からわずか3分、コロンビアの守備が緩んだ一瞬の隙を突いた日本は、FW大迫勇也がDFダビンソン・サンチェスとの競り合いで上手く入れ替わり、ゴール前まで攻め込んで左足でシュート。一度はGKダビド・オスピナがなんとか防ぐも、こぼれ球に反応したMF香川真司が再度狙うと、カバーに入ったC・サンチェスがハンドで防ぐ形となった。

 ダミル・スコミナ主審はPKの判定を下すとともに、サンチェスにレッドカードを提示。このPKを香川が決めて、コロンビアは試合開始6分でビハインドを背負うとともに、残り80分以上を数的不利のなかで戦うことになった。

 MFフアン・キンテーロの直接FK弾で一度は追いついたコロンビアだったが、やはり10人での戦いで最後は体力的に消耗。後半28分にセットプレーから大迫に決勝ゴールを奪われた後は、反撃する力は残っていなかった。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング