ハメス&ファルカオは“大空翼と岬太郎” コロンビア紙がキャプ翼で選手紹介、本田と香川は…

コロンビア対日本戦を前に、コロンビア紙が「キャプテン翼」の登場人物に例えて選手を紹介している【写真:Getty Images】
コロンビア対日本戦を前に、コロンビア紙が「キャプテン翼」の登場人物に例えて選手を紹介している【写真:Getty Images】

コロンビア対日本戦を前に「キャプ翼」の登場人物に例えて選手を紹介

 ロシア・ワールドカップは19日、コロンビア対日本戦が行われる。スペイン紙「マルカ」コロンビア版は、グループリーグ初戦を前に両チームの主要選手の特徴を人気サッカー漫画「キャプテン翼」のキャラクターに例えて紹介している。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 キャプテン翼は日本だけでなく世界各国でテレビアニメとして放送されており、コロンビアでは「スーペルカンペオーネス」のタイトルでサッカーファンに大人気だ。記事では、コロンビアの司令塔ハメス・ロドリゲスをキャプテン翼の主人公である大空翼(コロンビアではオリバー・アトム)に例え、「コロンビアのスターは他にいない」と説明。エースのラダメル・ファルカオは翼の相棒、岬太郎(トム・ミサキ)として、「翼の親友は実際にハメスの一番の仲間であるこの男だ」と写真を並べた。

 また、MFカルロス・サンチェスはDF次藤洋(ビクトル・クリフォード)で、「ラ・ロカ(岩の意)はキャプテン翼の巨大DF以外には当てはまらない」と、そのディフェンス力を挙げた。MFマテウス・ウリベは松山光(アルマンド・カジャハン)で「アメリカ(メキシコ)のスターは富良野の俊足ボランチに似ている」、故障明けのMFアベル・アギラールは“ガラスのエース”の言われた三杉淳(アンディ・ジョンソン)に重ね合わせて「チームのリーダーだ」と言及。DFクリスティアン・サパタは高杉真吾(ビクトル・デンバー)で「コロンビアのセンターバックのエキスパートは南葛(コロンビアでは二ウピ)ディフェンス陣のリーダーに似ている」と、南葛の砦と言われた男の名前を挙げた。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング