ネイマールの新ヘアスタイルが話題 金髪パーマは…「スパゲッティ」「バナナカラー」

ネイマールの新ヘアスタイルが話題を呼んでいる【写真:Getty Images】
ネイマールの新ヘアスタイルが話題を呼んでいる【写真:Getty Images】

W杯初戦のスイス戦でノーゴールに終わるも、奇抜な髪型で話題をさらう

 ブラジル代表は現地時間17日、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ初戦のスイス戦に1-1で引き分けるまさかのスタートとなった。エースのFWネイマールはフル出場するも厳しいマークに遭ってノーゴール。プレー以上に、金髪に仕上げたパーマ姿が注目を集め、「スパゲッティスタイル」「バナナカラー」と話題を呼んでいる。

 ブラジルは前半20分にMFフィリペ・コウチーニョの鮮やかなカーブショットで先制するも、後半5分にセットプレーから失点。頼みのネイマールは、スイスからW杯史上2番目に多い10回のファウルを受けるなど激しいチャージの前にノーゴールに終わり、初戦で悔しいドロー発進となった。

 この試合で大きな注目を集めたのが、ネイマールのヘアスタイルだ。FIFA公式のポートレート撮影やベースキャンプ地ソチでの練習時にはパンチパーマ気味の黒髪だったが、リーゼントのようなボリュームを持たせたセミパーマで、髪色もブロンドに変わっていた。

 英紙「デイリー・スター」は、「ブラジルのスターがワールドカップで奇妙な“スパゲッティスタイル”を演出。彼の最新ヘアカット、金色に染められたセミパーマは話題を呼んだ」と速報。フランステレビ局「BFM TV」も、「ネイマールのあり得ない新ヘアカット。ブロンドはバナナに近い」と驚きを持って伝えている。

 また、オーストラリアメディア「news.com.au」は、「ネイマールの髪はワールドカップの真の勝者」と特集。「スイスはブラジルに引き分けて世界に衝撃を与えたが、スタイルやファッション感覚、エンターテインメント性で南米のスターに3ポイントを与えたい」とそのファッション性を称えていた。

 舞台は4年に一度の祭典であるW杯とあって、勝利できずに注目の的となるのはネイマールとしては不本意だろうが、その新ヘアスタイルは想像以上の反響を呼んでいる。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング