「本田×香川」論争に終止符!? 西野監督も“10番”の働きを高評価「満足している」

「本田×香川」論争に終止符!?【写真:Getty Images】
「本田×香川」論争に終止符!?【写真:Getty Images】

パラグアイ戦で西野体制初先発の香川、1ゴール2アシストの活躍で一発回答

 日本代表は現地時間12日、ロシア・ワールドカップ(W杯)前最後の国際親善試合パラグアイ戦に臨み、4-2で新体制初勝利を収めた。FW本田圭佑との“トップ下論争”が繰り広げられていたMF香川真司が、西野朗体制で初先発のチャンスを得ると、1ゴール・2アシストと一発回答の活躍を披露。試合後、西野監督も香川について「満足している」と攻守両面で高い評価を与えている。

 8日の国際親善試合スイス戦(0-2)でトップ下として先発した本田は、不完全燃焼に終わった試合後に「真司にポジションを奪われる」と危機感を口にしていた。そして、それが現実のものとなる可能性が出てきたようだ。

 パラグアイ戦で西野体制初先発のチャンスを得た香川は、トップ下で躍動。MF乾貴士の2ゴールをお膳立てすると、自らも後半アディショナルタイムに華麗なドリブルから相手一人をかわしてゴールを突き刺し、1ゴール2アシストの活躍を見せた。

 西野監督はパラグアイ戦について「ここ1、2戦の攻撃面で、敵エンドに入ってボックスを攻略できていない。ここをチームの一番のフォーカスにしていた」と振り返る。乾が2ゴールと結果を残せば、香川も文句なしのパフォーマンスを披露。ハーフタイムに全体的にポジションを上げる指示を出したという指揮官は、「香川がかなり積極的に絡んでいったり、乾の仕掛けも増えたり、そういう意味で得点に結びつく良い修正ができた」と確かな手ごたえをつかんだようだ。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング