西野監督、2得点の乾とガッチリ握手 W杯コロンビア戦へ、宇佐美と序列逆転で先発当確か

2ゴールを決めた乾と西野監督がガッチリ握手を交わした【写真:Getty Images】
2ゴールを決めた乾と西野監督がガッチリ握手を交わした【写真:Getty Images】

パラグアイ戦、0-1で迎えた後半に乾の2ゴールで日本が逆転

 日本代表は現地時間12日、ロシア・ワールドカップ開幕前最後の国際親善試合パラグアイ戦に臨み、先制を許すも後半にMF乾貴士が2ゴールと活躍。冷静な様子を保っていた西野朗監督も、得点直後の乾とガッチリ握手を交わして祝福した。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 日本は前半32分、左サイドからロングスローを放り込まれると、こぼれ球から左足ボレーを叩き込まれて失点。西野体制3試合連続で先制点を与える苦しい形のまま前半を折り返した。

 0-1と劣勢の状況で輝きを放ったのが乾だ。後半6分、縦パスに反応したトップ下の香川真司が横に落とすと、近くに寄っていた乾がボールを受けてドリブルからシュート。鮮やかなキックでゴール右隅に吸い込まれた。

 乾の勢いは止まらず、さらに後半18分には右サイドハーフの武藤嘉紀が横パスを通し、香川がそらすと、中央に走り込んだ乾が右足シュート。相手GKに触られながらもネットを揺らして逆転に成功した。

 乾は日本ベンチに駆け寄ってチームメイトと喜びを分かち合うと、冷静沈着に様子を見守っていた西野監督の下へ歩み寄る。すると、指揮官は2ゴールのアタッカーを評価するように手を差し出し、ガッチリと握手を交わした。

 8日のスイス戦で左サイドハーフには宇佐美貴史が起用されていたが結果を残せないまま乾と交代していた。そして、このパラグアイ戦で先発のチャンスを得た乾は後半34分にピッチを退いたものの、2ゴールと自らの存在価値を証明した。

【PR】初月は無料期間! DAZNの見逃し配信で最新試合をチェック!

(大木 勇(Football ZONE web編集部) / Isamu Oki)

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング