驚愕の“一人ドタバタ失点” GKがなぜか二度捕球で大失態「奇妙な出来事の始まり」

ゴールウェイ・ユナイテッドGKライアンが、なぜか一度離したボールを再びキャッチして大失態…(写真はイメージです)【写真:Getty Images】
ゴールウェイ・ユナイテッドGKライアンが、なぜか一度離したボールを再びキャッチして大失態…(写真はイメージです)【写真:Getty Images】

ゴールウェイ・UのGKライアンが一度離したボールを再びキャッチして間接FKを献上

 アイルランド2部でGKが驚愕のミスを犯した。ペナルティーエリア内でキャッチしたボールを自ら手放すも、再び拾い上げてしまい間接FKを献上。守備体形が整う前にゴールを決められ、一人で“ドタバタ失点”を演じてしまった。英紙「インデペンデント」は、「奇妙な出来事の始まり」と報じている。

 大きな注目を集めたのは、現地時間20日に行われたリーグ第13節キャビンティーリーとゴールウェイ・ユナイテッドの一戦だ。

 前半9分、39分にゴールウェイ・ユナイテッドが得点を挙げ、敵地で2点のリードを奪う。そのまま試合は進み、試合終了間際の後半44分だった。キャビンティーリーが放ったミドルシュートを足で処理した21歳のGKタドゥ・ライアンは、残り時間を使うようにペナルティーエリア内右端にボールを持ち出す。

 キャビンティーリーの選手がプレッシャーをかけに行くと、ひょいとボールを持ち上げてタックルをかわす。しかし、ここからが落とし穴が待っていた。さらに“時間稼ぎ”を試みようとしたのか、ライアンは片膝をついてボールをピッチに置いたが、その後何事もなかったかのようにキャッチ。しかし、二度ボールに触れているため、ジェイソン・マニックス主審は間接FKを宣告。キャビンティーリーが素早くリスタートし、最後は途中出場のDFキース・ダルトンががら空きのゴールを陥れた。

 英紙「インデペンデント」は「奇妙な出来事の始まり」と速報。アイルランド紙「Irish Examiner」は「時にゴールはパワーとスペース、あるいはスキルとテクニック、運の産物だが、キャビンティーリーは試合のルールに則った知識と、機転を利かせてスコアを奪った」とアウェーチームのそつない攻撃を称えている。

 思わぬ失態を演じてしまったライアン。彼にとっては、2-1でなんとか逃げ切ったことが唯一の救いだったに違いない。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング