ハリルの“大枠”に入り続けたDF鈴木大輔 冷遇を乗り越えW杯の秘密兵器となるか

W杯直前での監督交代は「個人的にはチャンス」

「試合に出続ければ、ワールドカップ出場のチャンスはある」

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 その思いで戦い続けてきた鈴木にとって、実戦から離れることが多かった2018年は歯がゆい日々となったが、それでも自身初となるワールドカップ(W杯)出場の夢は諦めていない。

「これまで海外に挑戦してきたのも、今まで知らなかった自分を知り、成長させるためにやってきました。でも、そうした海外生活のなかで得た経験より、もっと多くのものがワールドカップで得られるのではないかと。今の自分をもっと成長させてくれる舞台に、絶対に行きたいなと思っています」

 ロシアW杯出場に向けて、自らが苦しい立場にいるのはよく分かっている。それでも1年前から招集レターが届き、自らが日本代表の“大枠”に入り続けていたこと、そして本大会直前のタイミングでハリルホジッチ前監督が電撃解任され、西野朗新監督が就任し、これまでのポジション争いの序列が崩れる可能性があることも「個人的にはチャンス」だと捉えているという。

「この2年半、自分は海外に出てやるべきことをやってきました。目の前にある挑戦を楽しんできたなかで、今回もし(W杯の)メンバーに絡むようなことがあれば、同じように目の前のチャンス、挑戦を楽しむだけだと思っています」

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング