なでしこジャパン、アジア杯連覇! 途中出場の横山が鮮やかな決勝弾、豪州を1-0で撃破

なでしこジャパンFWの横山久美【写真:Getty Images】
なでしこジャパンFWの横山久美【写真:Getty Images】

GK山下の好セーブもあり無失点、後半最初のシュートで決勝点を奪う

 アジア連覇をかけた大一番は、途中出場のアタッカーが決着をつけた。なでしこジャパン(日本女子代表)は現地時間20日、来年の女子ワールドカップ予選を兼ねたAFC女子アジアカップ決勝でオーストラリアと対戦し、防戦一方の苦しい展開ながらゴールを許さず、逆に後半39分に途中出場のFW横山久美が鮮やかなミドルを決めて1-0で競り勝った。

【PR】DAZNはサッカー以外にも!画質・コンテンツも続々強化中!

 日本はグループリーグ最終戦で1-1の引き分けに終わったオーストラリアとの再戦になった。その試合では、1-1となり準決勝進出が決まる状況となった後半41分から、両者がボール回しに終始したことが話題を呼んだが、決着をつけるべく、再び決勝の舞台で相まみえた。

 序盤から劣勢の日本はGK山下杏也加が主役になった。前半13分には至近距離でのシュート2連発をファインセーブで止め、2分後には自身のミスが絡んで与えたPKで伊賀FCくノ一に所属経験のあるMFエリース・ケロンドナイトのキックを読んでストップ。準決勝ではGK池田咲紀子に出番を譲った山下だったが、非凡なセービング力を見せつけた。

 その後も日本の守備陣にできるポジション間のギャップに選手が出入りするオーストラリアの攻撃に手を焼く日本は、なかなか自陣から抜け出せないシーンが続いた。それでも、PKストップを契機に少しずつ守備も安定し始め、日本も攻撃に出る場面を作り出していく。

 徐々にペースを取り戻した日本の決定機は同35分、FW岩渕真奈のラストパスに斜めのフリーランで抜け出したMF長谷川唯がシュートを放ったが、相手GKに弾き出されて惜しくもゴールはならず。立ち上がりに完全な劣勢に陥った日本だが、0-0でハーフタイムに突入した。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング