ドログバがチェルシー退団を表明 「出場機会を得るために」

出番得るために移籍決断、「私は少なくとももう1シーズンプレーしたい」

 チェルシーのコートジボワール代表FWディディエ・ドログバ(37)が今季限りでの退団を発表した。クラブの公式サイトを通じて、声明を発表した。
 今季リーグとリーグカップの2冠に貢献したドログバは「私は少なくとももう1シーズンプレーしたい。出場機会を得るために他のクラブに移籍する必要があると感じた。全てのファンは私のチェルシーへの愛を理解していると思う。将来的には違う役割でここに戻ってこれると願っている」と語った。
 ドログバは2004年から12年までチェルシーで活躍。中国リーグとトルコリーグを経て、今季チェルシーに復帰した。
 ジョゼ・モウリーニョ監督はドログバ残留を熱望していたが、英雄の去就はオーナーのロマン・アブラモビッチ氏の決断次第とも語っていた。チェルシーのシンボル的な存在は、将来、指導者としてスタンフォードブリッジに帰ってくることになるかもしれない。
【了】
サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web
ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング