なでしこJは「進境著しい才能あるチーム」 中国撃破で「違いを証明」とAFC公式称賛

アジアカップ準決勝・中国戦で2ゴールを挙げた横山(右)【写真:Getty Images】
アジアカップ準決勝・中国戦で2ゴールを挙げた横山(右)【写真:Getty Images】

3-1で快勝し「通算5度目の決勝進出」、アジア連覇に王手

 なでしこジャパン(日本女子代表)は、現地時間17日にヨルダンで行われている女子アジアカップ準決勝を戦い、中国に3-1で快勝した。アジア連覇に向けて決勝進出を果たしたが、AFC(アジアサッカー連盟)も公式サイトでその戦いぶりを称賛している。

【PR】DAZNはサッカー以外にも!画質・コンテンツも続々強化中!

 試合は前半、一進一退の攻防となったが、4-2-3-1システムの最前線に入ったエースのFW岩渕真奈が同39分に大仕事をする。右サイドから跨ぎフェイントでカットインすると鋭い左足シュートで先制点を奪い、1点リードで試合を折り返した。

 後半に入ってポール保持の時間が伸びた日本がリズムをつかむと、同39分には途中出場のFW横山久美が強烈な右足シュートで相手GKの頭上を破り貴重な追加点をゲット。さらに、その4分後に得たPKも横山が決めて勝負あり。アディショナルタイムにPKで1点を返されたものの、アジアの強豪相手に危なげなく勝利を飾った。

 この戦いぶりについて、AFCはマッチレポートでこのように称賛している。

「マナ・イワブチの先手を奪ったゴールシーン、そして後半に入ってからクミ・ヨコヤマのダメ押し点は違いを証明し、日本を通算5度目の決勝進出、大陸女王への希望をつなげた。激闘に勝利したことによって、タカコ・アサクラ率いる進境著しい才能あるチームは、その評判をさらに高める勝利を手にした」

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング