レアルの「クレイジーな“鳥かご”」動画が話題 C・ロナウド&ベイル翻弄も最後は…

レアルの「クレイジーな“鳥かご”」動画が話題【写真:Getty Images】
レアルの「クレイジーな“鳥かご”」動画が話題【写真:Getty Images】

レアル公式ツイッターがリラックスムードの練習動画を公開

 レアル・マドリードは現地時間15日にリーガ・エスパニョーラ第32節の敵地マラガ戦を迎える。首位バルセロナとは1試合消化が少ない現時点で勝ち点18差と、残り試合数が「7」であることを考えればリーグ2連覇は難しい状況だ。一方、前人未踏の3連覇を狙うUEFAチャンピオンズリーグ(CL)ではベスト4に進出し、今月25日にバイエルン・ミュンヘン(ドイツ)との第1戦に挑む。

【PR】今なら初月無料登録実施中のDAZNが、来季からCL・ELも放送することご存知ですか?

 失意と希望の両方が交錯する状況のなか、レアル公式ツイッターはトレーニング中の動画を公開。そこにはリラックスムードで練習に取り組むチームと、笑顔の指揮官の姿が映されていた。

 動画はレアルの練習場であるバルデベバスで撮影されたもので、「ロンド(鳥かご)」と呼ばれる9対2のパス回しの練習を映したもの。エースのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドと、ウェールズ代表FWギャレス・ベイルが“鬼役”の二人となった場面から始まる。映像を見る限りでは、約5メートル四方のマーカー内で、ワンタッチ限定のルールでパス回しがスタート。だがコスタリカ代表GKケイラー・ナバスが、浮き球パスで逆サイドに通したところから“異変”が起きる。

 そこから9人の選手はボールを下に落とすことなく、ダイレクトでパスをつなぎ始める。ロナウドとベイルが猛然と寄せるも、もはやマーカー内のルール無視で巧みな“リフティング”。ボールが途中で画面から切れるため何本つながったかは不明だが、時にブラジル代表DFマルセロが右足のバックヒールでつなぐなど、妙技も見せながら巧みにつないでいく。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング