レアルvsユーベの“疑惑判定”、審判界でも波紋 「PKに値しない」「プッシュがあった」

UEFAチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝第2戦、レアル・マドリード対ユベントスの試合終了間際に起きたPK判定が世界中で議論を呼んでいる【写真:Getty Images】
UEFAチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝第2戦、レアル・マドリード対ユベントスの試合終了間際に起きたPK判定が世界中で議論を呼んでいる【写真:Getty Images】

元主審のオリバー氏は「ベナティアはボールに触っていた」とタックルの正統性を主張

 UEFAチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝第2戦、レアル・マドリード対ユベントスの試合終了間際に起きたPK判定が世界中で議論を呼んでいる。ユベントスの選手からはマイケル・オリバー主審への非難が噴出しているが、同業者の間では賛否両論となっている。スペイン紙「マルカ」が報じた。

【PR】今なら初月無料登録実施中のDAZNが、来季からCL・ELも放送することご存知ですか?

 問題のプレーは合計スコア3-3で並んだ状況の後半アディショナルタイムに起きた。

 右サイドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがヘディングで折り返すと、ゴール前で待っていたスペイン代表MFルーカス・バスケスが背後から迫ったモロッコ代表DFメディ・ベナティアに倒された。オリバー主審はこのプレーをファウルとし、ペナルティースポットを指差してPKの判定を下した。

 この決定機をロナウドが確実に成功させ、レアルが準決勝進出を決めた。

 リーガ・エスパニョーラの元レフェリー、アンドゥハル・オリバー氏は「ラジオ・マルカ」に対し、「あのコンタクトはPKに値しない」と語り、逆に「ベナティアはボールに触っていた」とベナティアのタックルの正当性を主張している。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2 page3

トレンド

ランキング