レアルvsユーベ、“疑惑の判定”に賛否両論 「UEFAは恥さらし」「サッカーは時に残酷」

レアルvsユーベ、海外メディアで疑惑の判定シーンが公開され賛否両論【写真:Getty Images】
レアルvsユーベ、海外メディアで疑惑の判定シーンが公開され賛否両論【写真:Getty Images】

ユーベが驚異の粘りで巻き返すも、試合終了間際の“悲劇”で無念のベスト8敗退

 ユベントスは現地時間11日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝第2戦でレアルと対戦。第1戦を0-3で落とし、崖っぷちのなかで3点を奪う驚異の粘りを見せたが、試合終了間際にPKを取られて失点。3-1で勝利したものの、2戦合計スコアでは3-4と及ばずにベスト8で姿を消した。海外メディアで“疑惑の判定”シーンが公開されると、ツイッター上で賛否両論となっている。

【PR】今なら初月無料登録実施中のDAZNが、来季からCL・ELも放送することご存知ですか?

 敵地サンチャゴ・ベルナベウに乗り込んだ第2戦、ユベントスはクロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチが2ゴール、フランス代表MFブレーズ・マテュイディも続き、後半16分までに3-0と2戦合計スコアで3-3の同点に追いついた。しかし、後半終了間際に悲劇が訪れた。

 レアルのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが右サイドからヘディングで折り返した際、モロッコ代表DFメディ・ベナティアがゴール前で待ち構えていたスペイン代表MFルーカス・バスケスを後ろから倒してしまった。マイケル・オリバー主審はこのプレーをファウルと判定し、レアルにPKを与えた。

 しかし、ベナティアはボールにチャレンジしていてファウルに値しないものだとユベントス側は猛抗議。守護神のイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンが激しく声を上げて審判に詰め寄り退場となったが、判定が覆ることはなかった。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2 page3

トレンド

ランキング