リバプールがスターリング放出を否定 マンUの身分照会も拒否

続く去就問題

 マンチェスター・ユナイテッドが、リバプールのイングランド代表FWラヒーム・スターリングの獲得に向けて身分照会したが、交渉を拒否されたと、ESPNが報じている。
 スターリングはクラブに無許可で「BBCスポーツ」のインタビューに出演。契約延長の提示にもサインしていない事実を認め、アーセナルから興味が持たれていることを「うれしい」と語った。それによって、去就問題が一気に浮上していた。無冠に終わったクラブの年間授賞式でサポーターにブーイングされるまでの状況となっている。
 アーセナル、マンチェスター・シティ、バイエルンという強豪が獲得に乗り出す中、宿敵ユナイテッドがスターリングの身分照会を行った。だが、「スターリングは放出しない」と交渉を持つことを拒否されたという。
 ブレンダン・ロジャース監督は、一貫してスターリングについて来季残留を主張しており、スターリングも2017年まで契約を残している。今回獲得を断られたというユナイテッドら、他クラブがどのようなアプローチを見せるのか、今後も大きな注目が集まっている。
【了】
サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web
ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング