長友、ユベントス戦の地元紙評価は「悪くはないが、最高でもない」

厳しい声も

 インテルの日本代表DF長友佑都は、本拠地ユベントス戦で後半26分から途中出場を果たした。試合は1-2で敗れた。左ウイングバックとしてプレーした長友は地元メディアから及第点を受けたが、サイドチェンジの精度に「盲目」と厳しく苦言を呈されている。
 「ガゼッタ・デロ・スポルト」紙は、敗戦の中で合格点と言える6点の高い評価を受けた。だが、寸評では一定の評価を与えながらも、サイドチェンジの精度の欠如を厳しく指摘している。
「何回か目立つプレー、何回かクロスがあった。悪くはないが、最高でもない。なぜなら、彼のサイドチェンジは盲目。効果もなければ、 距離も適切でなかった」
 ボール奪取は1度。パス成功は9回。最高評価はパラシオの6.5点で長友はそれに次ぐ評価だった。一方、最低点は守護神ハンダノビッチの4.5点となっている 
 コリエレ・デロ・スポルトは及第点の「5.5」点。「中盤5枚のMFの左サイドとして入ったが、2回のシュートに留まった」と寸評で報じている。
 一方、トゥット・スポルト紙は、5点の低評価を受けている。「存在感がない」と厳しい一言を残している。
【了】
サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web
ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング