主将の長谷部、W杯仮想2連戦で“1分1敗”を直視 「厳しい現実を突きつけられた」

日本代表の主将・長谷部がウクライナ戦を振り返り【写真:Getty Images】
日本代表の主将・長谷部がウクライナ戦を振り返り【写真:Getty Images】

ウクライナ戦を振り返り「自分たちより、個も組織も強かった」

 バヒド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表は、27日の国際親善試合ウクライナ戦で1-2と敗れた。23日の国際親善試合マリ戦でも1-1と引き分け、3月シリーズを1分1敗で終えたなか、キャプテンのMF長谷部誠(フランクフルト)は「改めて厳しい現実を突きつけられた」と振り返っている。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 日本代表はベルギー遠征を敢行し、6月のロシア・ワールドカップ(W杯)で対戦するセネガルを想定したマリ戦、ポーランドを想定したウクライナ戦に臨んだ。結果は1分1敗と厳しいものとなり、長谷部は「自分たちよりも、間違いなく個も組織も強かった」と認めている。

 久しぶりに招集した選手も少なくなく、マリ戦とウクライナ戦でメンバーを入れ替えながら様々な選手をテスト。そうした面も2連戦で影響したという長谷部だが、言い訳はできないと自戒を込めて言葉を紡いだ。

「メンバーが多少変わって、実際このシリーズは難しい部分もあった。ただそれを言い訳にしていたら僕らは前に進めない」

 仮想セナガル戦と仮想ポーランド戦で結果を残せなかったなか、「こういうチームがW杯に出られないわけですよね。(W杯で)対戦する相手はさらに強いと思う」と本大会に向けて危機感を一層強めた。さらに2連戦を通じて様々な課題が噴出しており、日本が直面している現実についても言及している。

「そういう意味では、この2試合を通して間違いなく感じているのは、個々のレベルアップ。改めて厳しい現実を突きつけられた」

 本大会まで残り3カ月を切っているなか、日本の現在地が浮き彫りとなった。長谷部は大前提として「個々のレベルアップ」を課題として掲げるなど、改めて世界との距離を実感しているようだ。

世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

(Football ZONE web編集部・大木 勇 / Isamu Oki)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング