「正直、怖さがない」 長友佑都、個々の“覚悟”を要求「腹を括れないと成長もない」

長友はウクライナ戦の内容を振り返り、自分たちにあえて厳しい言葉をぶつけた【写真:Getty Images】
長友はウクライナ戦の内容を振り返り、自分たちにあえて厳しい言葉をぶつけた【写真:Getty Images】

攻撃面で工夫を見せられなかった点に危機感「バカ正直に足もとでつないでも…」

「正直、怖さがない」――。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 日本代表DF長友佑都(ガラタサライ)は1-2で敗れた27日のウクライナ戦の内容を振り返り、自分たちにあえて厳しい言葉をぶつけた。「ワールドカップ(W杯)で勝つという腹を括れないと成長もない」と6月の本大会開幕に向けて気持ちを新たにした。

 試合終了間際にFW中島翔哉(ポルティモネンセ)のゴールでなんとか引き分けに持ち込んだ23日のマリ戦(1-1)に続き、またも勝利には手が届かなかった。ベルギーでの海外遠征2試合目となるウクライナ戦は相手をゴールに近い位置でフリーにしてしまい、2本のミドルシュートを浴びて1-2で敗戦。ゴールに迫るシーンは少なく、決め切る力を見せることができなかった。

 左サイドバックとしてフル出場した長友は、攻撃面で工夫を見せられなかったと語る。

「ゴールを狙うからこそ、相手が絞ったりとかプレッシャーをかけに来たりする。そしてギャップができて、スペースが空いたりという駆け引きをしないと。バカ正直に足もとでつなぐっていうプレーでは正直怖さが全くないないなと。前半も保持はしている時間帯はあるんだけど、結局怖さがあるかっていうとそういう攻撃はできていないんでね」

世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング