ハリルJ、W杯で苦戦必至!? 長友もマリ戦に悲嘆 「今、修正しないと手遅れ」

日本代表DF長友佑都【写真:Getty Images】
日本代表DF長友佑都【写真:Getty Images】

仮想セネガルのマリ戦で苦戦のドロー 長友はチームの現状に危機感

 日本代表は23日の国際親善試合マリ戦を1-1のドローで終えた。代表デビュー戦でゴールを決めたFW中島翔哉に救われた形だが、DF長友佑都は6月のロシア・ワールドカップ(W杯)を見据えて「ここで苦戦しているとW杯は厳しい」と嘆きを漏らし、代表チームの現状に危機感を覚えている。

 W杯グループリーグ第2戦で対戦するセネガルを想定して臨んだマリ戦だったが、日本は攻守両面で苦戦を強いられ、後半アディショナルタイムに中島が決めた劇的同点弾で辛うじて引き分けに持ち込んだ。日本のパフォーマンスは敗戦チームのそれで、W杯を踏まえると課題が多く目立つ試合となった。

 イタリアの名門インテルで8シーズンに渡ってプレーし、今冬にトルコの強豪ガラタサライに移籍した長友は、2010年南アフリカW杯から2大会連続で出場しており、真剣勝負の難しさを熟知している。

「(マリ代表は)スピードがあって、良い選手もいたけど、正直セネガル、コロンビア、ポーランドは全てのレベルが違う。ここで苦戦しているとW杯は本当に厳しい結果になる」

 マリ戦の前半は、左ウイングの宇佐美貴史のパスやCKから何度かチャンスが生まれ、代表デビューのDF宇賀神友弥を起点に右サイドからもシュートチャンスを作り出している。だが後半に入ると攻め手を失い、後半40分に中島がミドルシュートを放つまで、相手ゴールに迫れない状況が続いた。長友は課題について次のように指摘している。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  4. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  5. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  6. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  7. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  8. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  9. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  10. 日本×エクアドル、南野や古橋でもない…現地ドイツで“一番の歓声”を受けたのは?

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  4. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  5. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  6. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  7. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  8. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  9. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」

  10. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も