ハリルJ、W杯で苦戦必至!? 長友もマリ戦に悲嘆 「今、修正しないと手遅れ」

日本代表DF長友佑都【写真:Getty Images】
日本代表DF長友佑都【写真:Getty Images】

仮想セネガルのマリ戦で苦戦のドロー 長友はチームの現状に危機感

 日本代表は23日の国際親善試合マリ戦を1-1のドローで終えた。代表デビュー戦でゴールを決めたFW中島翔哉に救われた形だが、DF長友佑都は6月のロシア・ワールドカップ(W杯)を見据えて「ここで苦戦しているとW杯は厳しい」と嘆きを漏らし、代表チームの現状に危機感を覚えている。

【PR】J.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 W杯グループリーグ第2戦で対戦するセネガルを想定して臨んだマリ戦だったが、日本は攻守両面で苦戦を強いられ、後半アディショナルタイムに中島が決めた劇的同点弾で辛うじて引き分けに持ち込んだ。日本のパフォーマンスは敗戦チームのそれで、W杯を踏まえると課題が多く目立つ試合となった。

 イタリアの名門インテルで8シーズンに渡ってプレーし、今冬にトルコの強豪ガラタサライに移籍した長友は、2010年南アフリカW杯から2大会連続で出場しており、真剣勝負の難しさを熟知している。

「(マリ代表は)スピードがあって、良い選手もいたけど、正直セネガル、コロンビア、ポーランドは全てのレベルが違う。ここで苦戦しているとW杯は本当に厳しい結果になる」

 マリ戦の前半は、左ウイングの宇佐美貴史のパスやCKから何度かチャンスが生まれ、代表デビューのDF宇賀神友弥を起点に右サイドからもシュートチャンスを作り出している。だが後半に入ると攻め手を失い、後半40分に中島がミドルシュートを放つまで、相手ゴールに迫れない状況が続いた。長友は課題について次のように指摘している。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング