Rマドリード、今夏に主将とエースが電撃退団か? 英紙報じる

無冠濃厚のRマドリード、ロナウドとカシジャスが退団へ?

 レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとスペイン代表GKイケル・カシジャスが今季限りで電撃退団する可能性が浮上しているようだ。英地元紙「サン」が報じた。

 1980年から90年までレアルでGKとしてプレーしたクラブOB、オーガスティン・ロドリゲス氏が「私は今季終了後、カシジャスとクリスティアーノ・ロナウドがチームを去ると確信している。水曜日の新聞で明らかになるだろう」と話し、水曜日(13日)に大ニュースが出ると予言していたという。しかし、2人の退団確定のニュースは報じられず、ロドリゲス氏の不吉な予言第一弾は外れた。

 だが、主将のカシジャスとエースのロナウドに関する去就報道は地元メディアでも以前から報じられている。レアルは13日の欧州チャンピオンズリーグ準決勝ユベントス戦の第2戦で1-1に終わり、2戦合計で2-3で敗退。今季無冠に終わることが濃厚となっており、2人の去就は大きな注目を集めそうだ。

【了】

サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング