メッシの得点を生み出す「恐怖のステップ」 一瞬の“歩幅調整”で対峙するDFを破壊

CLラウンド16第2戦のチェルシー戦でゴールを決めたメッシ【写真:Getty Images】
CLラウンド16第2戦のチェルシー戦でゴールを決めたメッシ【写真:Getty Images】

違和感を覚えたCLチェルシー戦の2点目、スロー再生で検証

 UEFAチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16の第2節、バルセロナ対チェルシーでのFWリオネル・メッシの2点目を見ていて「ん?」となった。

【PR】今なら初月無料登録実施中のDAZNが、今季からCL・ELも放送することご存知ですか?

「忘れていた!」そんなあなたにDAZNの見逃し配信を!

 ペナルティーエリアのすぐ外、ほぼ中央、前向きにパスを受けたメッシは、そのまま左斜めへドリブルで進んでいってあまり角度のないシュートを難なく決めている。すっかりお馴染みの、いつもどおりのメッシのゴールシーンだ。ただ、あまりにもあっさり決まりすぎているのに違和感があったので、スロー再生してみたら、メッシはシュートの直前にステップを踏み変えていた。

 ほんの少しだが、それまでの歩幅より小さくしているのだ。2歩ぐらい。そこからまたそれまでと同じ歩幅に戻してシュートを打っている。この歩幅の調整は、単にシュート体勢を作るためだったのかもしれない。実際、それがチェルシーのDFやGKに何か影響を与えたかというと、この場面ではあまり関係がないように見える。

 ただ、それだけに余計にメッシが恐ろしく思えた。その後、何度かスローを見直してみると、さらに気味が悪くなってきた。

世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

西部謙司

1962年生まれ、東京都出身。サッカー専門誌の編集記者を経て、2002年からフリーランスとして活動。1995年から98年までパリに在住し、欧州サッカーを中心に取材した。戦術分析に定評があり、『サッカー日本代表戦術アナライズ』(カンゼン)、『戦術リストランテ』(ソル・メディア)など著書多数。またJリーグでは長年ジェフユナイテッド千葉を追っており、ウェブマガジン『犬の生活SUPER』(https://www.targma.jp/nishibemag/)を配信している。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング