モウリーニョは名将or悪将? スペイン紙が「指揮官と決別後に飛躍した5人」を厳選

マンチェスター・ユナイテッドを率いるモウリーニョ監督【写真:Getty Images】
マンチェスター・ユナイテッドを率いるモウリーニョ監督【写真:Getty Images】

CL敗退で選手起用に疑問の声 デ・ブライネら退団後に成長した選手も多数

 マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、現地時間17日のFAカップ準々決勝ブライトン戦で苦しみながらも2-0と勝利。13日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦でセビージャに敗れ、ベスト16で姿を消したショックを払拭する白星を手にした。しかし、この試合では先発したイングランド代表DFルーク・ショーがハーフタイムで交代。その理由についてモウリーニョ監督が試合後のインタビューで批判を展開しており、両者の関係は冷えきったものとなっている。

「忘れていた!」そんなあなたにDAZNの見逃し配信を!

 こうした状況を受けて、スペイン紙「マルカ」はモウリーニョ監督の下を離れて「他の場所で素晴らしいキャリアを築いた」選手を紹介。現在、リバプールで圧倒的なパフォーマンスを披露しているエジプト代表FWモハメド・サラーら5選手が厳選されている。

 まず紹介されているのが、マンチェスター・シティのベルギー代表MFケビン・デ・ブライネだ。2012年にベルギーのヘンクからチェルシーへ移籍し、ブレーメンへの期限付き移籍を経てチームに復帰。13年は輝かしい1年になるはずだった。しかし、同年にモウリーニョ監督が就任すると、両者の関係は思わしくなく出場は3試合止まり。翌年に加入したヴォルフスブルクで結果を残してシティへと引き抜かれ、今では7500万ユーロ(約98億円)の移籍金がつけられるほどに成長を遂げている。

 その他には、アトレチコ・マドリードで輝きを取り戻したブラジル代表DFフィリペ・ルイス、レアル・マドリードで欠かせない選手に成長したスペイン代表DFダニエル・カルバハル、そして一度は放出したものの再びユナイテッドで師弟関係となったベルギー代表FWロメル・ルカクの名前が挙げられている。

世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング