メネズにモナコからオファーか 「ミランはすべてのオファーに耳を傾ける」

今季16得点を決めているメネズ

 ACミランの元フランス代表FWジェレミー・メネズが来季フランス強豪モナコに移籍する可能性が浮上した。イタリア地元紙「コリエレ・デロ・スポルト」が報じている。
 メネズは今季パリ・サンジェルマンから移籍金ゼロで加入し、セリエA得点ランク4位タイの16ゴールを決めている。現在4試合出場停止処分を受けている最中のアタッカーだが、フランス強豪で今季欧州チャンピオンズリーグでベスト8に進出したモナコから獲得のオファーが届いているという。
 現在タイ人の富豪ビー・テチャウボン氏ら投資家グループとシルビオ・ベルルスコーニ会長はクラブの株式の売却交渉を続けているが、体制次第では来季のチーム構想も大きく変化する。
 記事では「アルド・ロッシ通り(クラブ本社の位置)は数週間前から自問している。まずはドアを開き、すべてのオファーに耳を傾ける。すでにモナコから届いているものを含めて、だ」とメネズに対するオファーが届いていることを報じている。
 モナコはリーグ戦残り2試合で欧州CL出場権内の3位につけている。4位マルセイユ、5位サンテティエンヌとの勝ち点差は2と接戦だが、欧州CLに出場できるモナコで出番を手にできるのなら、フランス代表復帰を目指すアタッカーのキャリアにとって、ステップアップとなるかもしれない。
【了】
サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web
ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング