バルサの“心臓部”ブスケッツが右足小指骨折 全治3週間でCL準々決勝第1戦は欠場へ

バルサMFブスケッツがCLチェルシー戦で負傷【写真:Getty Images】
バルサMFブスケッツがCLチェルシー戦で負傷【写真:Getty Images】

チェルシー戦でジルーと競り合った際に負傷 自ら交代を要求してピッチを去る

 UEFAチャンピオンズリーグ(CL)で11シーズン連続ベスト8進出を決めたバルセロナだが、中盤の要であるスペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツが右足小指の骨折で約3週間の戦線離脱が決まった。クラブ公式サイトが報じている。

【PR】今なら初月無料登録実施中のDAZNが、今季からCL・ELも放送することご存知ですか?

 ブスケッツは現地時間14日のCL決勝トーナメント1回戦、チェルシーとの本拠地第2戦に先発出場。中盤のアンカーとして相変わらずの安定感あるプレーを見せていたが、後半にフランス代表FWオリビエ・ジルーと競り合った際に負傷した。自らベンチに交代を要求し、後半16分にポルトガル代表MFアンドレ・ゴメスと代わっていた。

 検査の結果、右足小指の骨折が判明。クラブの発表によれば、全治は3週間ほどと見込まれている。

 CL準々決勝は16日に組分け抽選が行われ、第1戦が4月の3、4日、第2戦が10、11日に開催。バルサは第1戦でチームの心臓とも言えるキーマンのブスケッツを欠いて戦う可能性が高まった。

 チェルシーに2戦合計スコア4-1と快勝したバルサだが、大きな代償を支払うことになった。

世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング