ユナイテッドOBスコールズ、CL16強敗退の古巣に苦言「勝とうとしていなかった」

ユナイテッドのOBスコールズ氏、CL16強敗退の古巣に苦言【写真:Getty Images】
ユナイテッドのOBスコールズ氏、CL16強敗退の古巣に苦言【写真:Getty Images】

セビージャに初の8強進出プレゼント、スコールズ氏が古巣の試合に「何もなかった」

 マンチェスター・ユナイテッドはUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦でスペインのセビージャに敗れ、ベスト16で敗退となった。クラブOBの元イングランド代表MFポール・スコールズ氏は「ユナイテッドは勝とうとしていなかった」と古巣の戦いぶりを痛烈に批判している。

【PR】今なら初月無料登録実施中のDAZNが、今季からCL・ELも放送することご存知ですか?

 ユナイテッドは敵地での第1戦をスコアレスドローで終えた。敵地でゴールを奪えなかったことからホームでの第2戦では得点を奪う必要があったが、チームは攻撃の迫力を欠いた。

 反対に後半29分、同33分と立て続けに途中出場FWウィサム・ベン・イェデルにゴールを奪われた。ベルギー代表FWロメル・ルカクがボレーシュートで1点を返すも、試合はそのまま1-2で終了。ユナイテッドは早くもトーナメントから姿を消した。

 英衛星放送局「BTスポーツ」で辛口解説員として活躍するスコールズ氏は古巣の戦いぶりに苦言を呈している。

「これがあの監督の好きな戦い方だと思う。彼はカウンターアタックのようにスペースを使う戦いを好むんだ。だけどこの試合を見ているのはとても難しかったよ。第2戦もそうだ。チームには欲望も、エナジーも、スピードも何もなかった」

 スコールズ氏が現役だった1998-99シーズンと2007-08シーズンを含め、過去3度のCL優勝経験を誇るユナイテッドだがあえなく敗戦。セビージャに初の8強進出をプレゼントした。”赤い悪魔”一筋だった名司令塔は「説明できない」と古巣の敗戦を嘆いた。

「ユナイテッドは試合に勝とうとしていなかった。ゴールを奪おうともしていなかった」

 クラブのレジェンドからも酷評されたユナイテッド。リーグ戦では宿敵マンチェスター・シティに遅れを取るなど苦しいシーズンとなっている。

世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング