モウリーニョがデ・ヘア獲得を狙う古巣レアルに警鐘 「他の選手のことを考えるべき」

モウリーニョ監督がデ・ヘア獲得を狙う古巣レアルに警鐘【写真:Getty Images】
モウリーニョ監督がデ・ヘア獲得を狙う古巣レアルに警鐘【写真:Getty Images】

2015年夏の移籍市場最終日に予想外の破談後も、マンU守護神獲得に執着か

 マンチェスター・ユナイテッドのスペイン代表GKダビド・デ・ヘアは、過去数シーズンに渡り、“白い巨人”の愛称で知られる強豪レアル・マドリードのメインターゲットとなっている。今夏も獲得に動くと報じられているが、ジョゼ・モウリーニョ監督は古巣へ「別の選手のことを考えるべき」とのメッセージを送り、売却の意思がないことを明確にしている。

 レアルとデ・ヘアが最も接近したのが、2015年夏の移籍市場だった。両クラブは移籍期限の最終日に、コスタリカ代表GKケイラー・ナバスを含めたトレード移籍で合意に達していたが、必要な手続きを時間内に完了させることができずに破談。予想外の結末を迎えた。

 その後、デ・ヘアはユナイテッドと4年契約の延長を果たし、現在まで正GKとしてプレーしている。

 土壇場での破談騒動から約3年が経過しようとしているが、いまだレアルはデ・ヘア獲得に執着していると伝えられている。しかし、こうした噂に終止符を打とうとしているのが、元レアルのモウリーニョ監督だ。現在はユナイテッドを率いるポルトガル人指揮官は、スペインテレビ局「ラ・セクスタ」で古巣へ警告のメッセージを送った。

世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング