「これだけガンバらしさが出せないとは…」 泥沼4連敗のG大阪、頭をよぎる降格の悪夢

川崎に敵地で0-2完敗、クルピ新体制で今季開幕から公式戦4連敗【写真:Getty Images】
川崎に敵地で0-2完敗、クルピ新体制で今季開幕から公式戦4連敗【写真:Getty Images】

川崎に敵地で0-2完敗、クルピ新体制で今季開幕から公式戦4連敗

 ゴール裏から唸るようなブーイングが鳴り響いた。今季の公式戦3連敗中のガンバ大阪は10日、敵地・等々力陸上競技場で昨季のJ1王者である川崎フロンターレと対戦。今季初勝利を目指して攻撃的に出ようとしたが、攻守ともに良いところなく0-2で敗戦を喫した。これで連敗は「4」へと伸び、試合後にサポーターから厳しい声が飛んでいた。

【PR】試合当日に密着したDAZN×名古屋グランパスのドキュメンタリー番組『The Locker Room』配信中!

 立ち上がりから、どこかチグハグだった。欲しかった先制点を前半8分にセットプレーから奪われると、その後は川崎の攻撃を正面から受ける展開に。時折ボールを保持しても明確な攻撃の形は見られず、選手間でのコンビネーションも数えるほど。FWアデミウソンやMF中村敬斗など個で打開できる選手たちも特長を発揮することができなかった。

 結果、守備に回る時間が長くなり、攻守に巧みな川崎のサッカーに圧倒されて難しい試合展開を強いられてしまった。

 試合後、今季就任したばかりのレヴィー・クルピ監督は、敗戦に対して「開幕以降これだけガンバらしさの出せない試合が続くとは想像していなかった。その責任というのはすべて私にある」と言及。なかなかチームのパフォーマンスが上向かない現状に「選手を見極めるために選手の入れ替えをしているが、そこで上手くいっていない部分がある」と語り、指揮官として苦闘していることを明かしている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング