衝撃の“独代表3人抜き” 原口元気の神業アシスト再脚光「メッシ? C・ロナウド?」

昨年10月のバイエルン戦、原口が3人を抜き去りゴール演出

 ドイツ1部のヘルタ・ベルリンは24日、ブンデスリーガ第24節の敵地バイエルン・ミュンヘン戦に臨み0-0ドローに持ち込んだ。ヘルタのクラブ公式ツイッターでは、このバイエルン戦に引っかけて1月下旬までヘルタに所属していた日本代表FW原口元気(デュッセルドルフ)のプレー映像を公開。ドイツ代表3人を置き去りにした超絶ドリブルからのアシストをクローズアップしている。

 原口は昨年10月のリーグ第7節バイエルン戦(2-2)で今季初先発を飾ると、0-2で迎えた後半6分に魅せた。相手ゴール前でパスを受けた原口は滑らかなドリブルでボールを運 び、バイエルンのジェローム・ボアテング、ジョシュア・キミッヒ、マッツ・フンメルスという3人のドイツ代表DFを次々と抜き去る。そして最後は正確なラストパスを供給し、FWオンドレイ・ドゥダのゴールをアシストした。

 ヘルタのパル・ダルダイ監督も神業アシストを「ワールドクラス」と称え、ブンデスリーガ公式YouTubeチャンネルでも「今節のベストアシスト」として選出していた。

 もっとも、その後は思うように出場機会を得られず、6月のロシア・ワールドカップも見据えて今冬にドイツ2部デュッセルドルフへの期限付き移籍を決断。現在はFW宇佐美貴史と共闘している。

 

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング