バイエルンがベイル争奪戦に参入か 移籍金は史上最高額の180億円

第四の局面

 バイエルン・ミュンヘンが、今オフにレアル・マドリードのウェールズ代表FWギャレス・ベイルを180億円という史上最高額の移籍金で獲得する可能性が浮上している。英地元紙「デイリー・メール」が報じている。
 2013年夏にトットナムからフットボール史上最高額の移籍金でレアルに加入したベイルだが、今季はサンティアゴ・ベルナベウの観衆からブーイングを受け、クラブハウスの外ではサポーターの襲撃を受けるなど、にわかに去就問題がささやかれ始めている。すでにマンチェスター・ユナイテッド、チェルシー、マンチェスター・シティが獲得に乗り出していると報じられる中、 新たなビッグクラブが参戦してきた。
 記事では「バイエルン・ミュンヘンが、今夏のギャレス・ベイルの争奪戦で第四の局面に加わろうとしている」と、リポートしている。
 移籍金は1億ポンド(180億円)。ユナイテッドが大本命とみられていたベイルは、ドイツ王者に加わるのだろうか。
【了】
サッカーマガジンZONE編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web
ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング